離婚に強い弁護士

離婚問題の弁護士費用

【相談料】:ご相談は60分無料
※それ以降は、30分につき5400円となります。

 

【代理人トータルサポート】:着手金20万円 報酬金20万円+経済的利益の10%
相手との交渉から、離婚協議書の作成、調停や裁判になった場合にはその対応まで、お客様の代理人となり離婚問題解決までをサポートさせていただくサービスです。
弁護士が相手方とのやり取りを全て行いますので、相手とはもう話したくないという方、自分ではうまく交渉できないと思われる方、相手方とのやり取りが精神的に負担になってしまうという方にお勧めのサポートです。
また離婚のお話しとともに、財産分与、慰謝料、親権、婚姻費用(生活費)、面会交流、養育費、年金分割などの交渉、調停(審判)も上記費用で行いますので、離婚問題の解決まで全面的にサポートします。

※交渉で解決できず調停となる場合には、着手金10万円、成功報酬10万円を上記費用に追加とさせていただきます。調停でも解決できず訴訟となる場合には、ご事情に応じて着手金を10~20万円追加とさせていただきます。
※親権について争いがある場合には、ご事情に応じて着手金を10~20万円追加とさせていただく場合がございます。

【バックアッププラン】:3か月で5万円(1ヶ月延長するごとに1万5000円)
協議離婚に向けた話し合いや調停手続きについて、自分でやりたいと思っているが一人では不安なのでアドバイスが欲しいという方のために、離婚問題限定の顧問弁護士としてご利用いただけるプランです。
ご契約いただいている期間内は何度でもご相談いただけます。電話やメールでもご相談いただけますので、ちょっとしたことでも気軽に聞いていただけます。
もちろん、上記以外の費用は一切かかりません。

【離婚協議書作成】:10万円
離婚についての話し合いはまとまりそうだが、後日のトラブルを防ぐために離婚協議書を作成しておきたいという方
離婚協議書を作成するメリットについては、「離婚協議書の必要性」をご参照ください。

※離婚の条件面などについて、相手方との間で合意が出来ていることが前提となります。
※公証役場への同行や、協議書への署名の際の同席などをご希望される場合には、別途費用がかかります。

【婚姻費用(生活費)の請求】
代理人として、別居中の生活費を相手方に請求します。調停・審判まで代理人として対応します。離婚成立時までの生活費を請求する場合や、離婚は考えていないがとりあえず別居中の生活費を請求する場合などにお勧めのサポートです。
1.離婚の代理人サポートをご依頼いただく場合には、その中で婚姻費用の請求もできますので、追加の着手金は発生しません。
2.婚姻費用の請求だけを行う場合には、下記の費用となります。
婚姻費用請求の交渉、調停(審判)着手金15万円 報酬金20万円+婚姻費用2年分の10%

【面会交流の請求】
代理人として、お子様との面会を相手方に請求します。調停・審判まで代理人として対応します。別居中でお子様に会えていない場合や、離婚後にお子様と会えていない場合などにお勧めのサポートです。
1.離婚の代理人サポートをご依頼いただく場合には、その中で面会交流の交渉もできますので、追加の着手金は発生しません。
2.面会交流サポートだけを行う場合には、下記の費用となります。
面会交流の調停(審判) 着手金20万円 報酬金25万円

【慰謝料の請求】
代理人として、不貞相手に慰謝料を請求します。不貞相手に対して慰謝料を請求したい場合や、慰謝料の請求をされた場合などにお勧めのサポートです。
慰謝料請求の交渉 着手金20万円 成功報酬:経済的利益の15%
※交渉で解決できず訴訟となる場合には、着手金10万円、成功報酬10万円を上記費用に追加とさせていただきます。

【養育費の請求】
代理人として、養育費を相手方に請求します。調停・審判まで代理人として対応します。決められた養育費の支払いがない場合や、離婚時に養育費を決めなかった場合などにお勧めのサポートです。
養育費請求の交渉、調停(審判) 着手金10万円 報酬金20万円+養育費2年分の10%

【その他のサポート】
親権者変更、監護者変更、離婚後の財産分与、婚姻費用及び養育費の増額・減額、子の引き渡しなど、上記以外のサポートをご希望の場合には、ご事情をお伺いした上で、費用のお見積もりをさせていただきます。

※上記費用には消費税は含まれておりません


事務所案内 TOP
弁護士紹介
弁護士費用
アクセスマップ
プライバシーポリシー

離婚問題を弁護士が解決します!お気軽にご相談ください!

離婚弁護士

このページの先頭へ